開発環境の構築

開発環境を構築してみた。

入れたのはRedmineとSubversion(とBazzar)。
OSはCentOS 5.1。

Bazzarのインストール

yum install bzr

以上終了。
# なんとなく入れてみたけど、とりあえず使い慣れたsvnで行くことにした。

Subversionのインストール

yum install subversion
yum install mod_dav_svn

で、/etc/httpd/conf.d/subversion.confを適当に編集。
http://park1.wakwak.com/~ima/centos4_subversion0001.html
とかが参考になる。

クライアント側にはTortoiseSVNを導入。

Redmineのインストール

Redmineは下記のサイトにしたがってインストールした。
http://blog.redmine.jp/articles/redmine-1_2-installation_centos/
その後は下記にしたがってプロジェクトなどを作成。
http://redmine.jp/tech_note/
とても有用なサイトに感謝。

Redmineのアクセス制限

Redmine自体にも認証機能はあるけど、なんとなくBasic認証と併用することにした。
普通に.htaccessではうまくいかなさげ。(Passenger使っているから?)
結局、svnみたく

<Location /redmine>
AuthType Basic
AuthName “require valid user”
AuthUserFile /etc/httpd/conf/xxx
Require valid-user
</Location>

で解決。

  1. このサイトを拝見して、RedmineでBasic認証する方法がようやく分かりました!仕事が進んでとても助かりました。感謝いたします!
    ※Directoryディレクティブで色々やろうとして、詰まっておりました。。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>